TOPICS

2021.04.04

ブログ

バンコク生活!家事を手伝ってくれるアヤさんのいる暮らし。

タイで生活を開始するにあたり、お手伝いさんやメイドさんを雇って家事の負担を減らしてタイ生活を楽しみたいと考える人は少なくありません。

タイは日本と比べて非常に手軽にお手伝いさんを雇うことが可能なので、普段の家事は任せてしまっても良いでしょう。
もちろん家事は全て自分でやるという方も多く全員がお手伝いさんを雇っている訳ではありませんが、選択肢の一つとして検討してみると良いでしょう。

タイ語では家事などのお手伝いをしてくれる人の事を「メーバーン」と呼ぶのですが、日本人の間では「アヤさん」という風に呼ばれております。

アヤさんって何をしてくれるの?

お手伝いさんを迎え入れようかと思っても、実際に何をやってくれるのかが分からないとなかなか頼みにくいという事もあるでしょう。
まずは、基本的なアヤさんの仕事内容は以下の通りです。

・部屋の各場所の掃除(台所・お風呂・トイレなど)
・ごみ捨て
・食器洗い
・洗濯物(アイロンかけ)

尚、料理や買い物をお願いしたい場合やペットを飼っている家庭などではアヤさんと事前に相談して依頼をしておくようにしましょう。

アヤさんを雇うにはどのくらいの費用が掛かるの?

アヤさんを雇う料金は部屋の広さや家族構成、利用する頻度によって変わってくるのと、当然スキルや歴によっても変動してきます。
また、タイの物価も上昇しておりそれに伴いアヤさんをお願いする際の給料も上昇傾向にあります。

■バートタイム – 週に3回程度作業をお願いする場合
・3,500~5,500バーツ程度

■フルタイム ‐ 週に5 回作業をお願いする場合
・12,000~20,000バーツ程度

尚、上記の金額に関してはあくまで目安となり、業務内容などを話あって決める形となります。
週に3回掃除等をしてくれてこのくらいの金額であれば普段の家事がかなり楽になりますね。

アヤさんはどうやって探すの?

大まかな業務内容や金額に関しては先述した通りですが、ここで気になるのがどうやってアヤさんを探すのかです。
ここではいくつかのアヤさんを探す方法をご紹介いたします。

■ 住んでいるコンドミニアムやアパートの事務所の紹介
住んでいる場所の管理事務所に確認してみると紹介してくれる場合が多いです。コンドミニアムの場合はオーナーさんに聞いてみても良いでしょう。

■  同僚・友人からの紹介
特に帰任シーズンになると、同僚や前任者から紹介してくれることが多いです。日本人家庭にも慣れている人の可能性大!

■ 紹介サービスを使う
有名なところで言うと、Ayasan Serviceという会社がアヤさんやナニーさん、ドライバーなどの斡旋を行っています。

他にも不動産会社からの紹介や掲示板サイト、フリーペーパーなどで情報を確認する事が可能なので、そこまで難しくは無いでしょう。

アヤさんを雇う上で気を付ける点

アヤさんを雇う際に最も意識しなければいけないのは、自分が雇用主である点でしょう。
雇用主として自身に求められる責任や権利をしっかり理解した上で付き合っていくようにしていきましょう。

・雇用条件はしっかりと決める
雇用する際には当然、給与や業務内容をしっかり決めると思いますがアヤさんを雇う際も同様にしっかりと業務内容などを詰めておきましょう。

・タイの祝日や、労働者の権利を把握しておく
タイの祝日はアヤさんは基本的にお休みです。また病欠や忌引きなどの休暇のルールに関しても把握しておきましょう。

・備品の管理は自分で
掃除などの業務に使用する備品は当然雇用主が準備・管理する必要があります。

・貴重品の管理も自分で
室内の貴重品の管理に関しては簡単に触れられないようにしっかりと自分で管理するようにしましょう。

・昇給やボーナスの支給
頑張りに応じて年に1回程度の昇給やボーナスの支給を考えてみてもいいでしょう。

・退職時の退職金や次の職場の紹介
帰任が決まって、頑張ってくれた人は年数×月給程度の退職金の支払いや、次の職場の紹介などをしてあげましょう。

気持よく働ける環境を用意すればしっかりと働いてくれる人が多いので、職場環境を快適にするように考えてあげると良いでしょう。

アヤさんに家事をお願いして充実したタイ生活を

タイに赴任中、なかなか夫婦で家事を分担する事が難しく、家事が一人の仕事になる傾向があります。
そんな時は週に3日は家事を休めるようにアヤさんにお願いして家事を外注する事は悪い事ではありません。

空いた時間は自分の趣味や夫婦共通のの趣味、家族の時間など自分の好きなように使うとタイ生活がより充実した物になるでしょう。

タイ生活の収納・トランクルーム・セルフストレージの事ならクラウドルームにお任せください!
CloudRoom  公式LINE

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

Go to top